広島のお土産

ぶち牡蠣フライは、そのまま牡蠣フライの味

一口食べたら牡蠣フライを食べた時の味が広がります。
ジャンクフードと呼ぶには上品な駄菓子。
一袋、100円するのでお土産としては高価かも。


a0056219_11493869.jpg



牡蠣せんべいは、本物の牡蠣をペッタンコに

a0056219_11495778.jpg



レモンの優しい味のキャラメル

a0056219_11463773.jpg



川通り餅はクルミも入って、ポヨポヨの程よい甘さ

a0056219_11535773.jpg


縁起物
杓子せんべいは、栗せんより柔らかい上品な甘さ

a0056219_11503575.jpg






















[PR]
# by wing_swing_window | 2016-07-02 11:43 | 日本 愛すべき我が国

広島ーHIROSHIMAー核に破壊された街そして復活

原爆投下  昭和20年 8月6日 8時15分
一瞬にして熱線の廃墟が存在した。
どれほどの痛み、苦しみ、悲しみが渦を巻いたかは、想像がつかない。
黒い雨に飲み込まれた時間は、未だ続いている。


2016年6月23日の広島は、梅雨の中休みになり、澄み切った空に原爆ドームが痛々しく悠然と
建っていた。
惨劇の形見、人類の愚かな証明、日本が始めた醜い戦争、従い、信じ、人生をかけた悲しい英雄たち。
犠牲になったのは、普通に生きていた人たち、明日を生きようとしていた人たち。
奪われた未来を、返してほしい。

愚かな選択は、してはいけない。
人間が人間を殺してはいけない。
自身の劣等感に目を伏せてはいけない。
自身の弱さに甘えてはいけない。
生きることを否定してはいけない。






a0056219_9393435.jpg




原爆ドーム

a0056219_9414834.jpg






a0056219_939843.jpg








a0056219_9403365.jpg










原爆死没者慰霊碑    -広島平和都市記念碑ー
「安らかに眠って下さい。過ちは繰り返しませぬから」


繰り返してはいけない。
国の選択の誤りを認めなくてはいけない。
日本は、戦争に負けた。
あたりまえの結果だと、こうまでしなければ、戦争は終わらなかった。
広島・長崎は、終結の証になった。

a0056219_9423240.jpg







a0056219_1093185.jpg





動員学徒慰霊塔


若さが散った。
未来が消えた。
これからのあなた方には、限りない夢があった。
国の為でなく、あなたの為に多くの時間をあげたかった。
ごめんね。何もしてあげられなくて。

a0056219_943477.jpg













a0056219_943424.jpg





爆心地

a0056219_9421329.jpg





縮景園

a0056219_1126379.jpg






リバーサイドカフェの風景

a0056219_11225536.jpg






広電の車窓から

a0056219_11132940.jpg








HIROSHIMAは、多くの海外からの観光客にも、「平和」を訴えている。
問いかけているだけでは、平和は、維持できないのかもしれない。
平和は、努力がいる。
世界は、努力をしなければ、歯止めの力を、築けないのかもしれない。




[PR]
# by wing_swing_window | 2016-06-27 09:40 | 日本 愛すべき我が国

広島ーSUNSHAINー日の出

グランドプリンスホテルのアプローチからの朝焼け


a0056219_9292622.jpg








瀬戸内海の朝焼けにけむる島たち

a0056219_9295333.jpg





マリーナの朝焼け

a0056219_9351929.jpg

[PR]
# by wing_swing_window | 2016-06-26 11:22 | 日本 愛すべき我が国

広島ーMIYAJIMA-安芸の宮島

6月22日  8時36分  東京からのぞみで広島へ。
柔らかい雨。
まず、安芸の宮島へ。


*新幹線で広島に到着してから宮島へ行く場合は、
駅を出て広電という手もありますが、山陽本線五日市駅までは新幹線チケットの市内の範疇なので
広島駅で乗り換えて、宮島口駅まで乗り越し200円でいけますから、ご参考まで。



厳島神社  大鳥居


宮島口からフェリーで宮島へ向かう。
5分もすれば、大鳥居が迎えてくれる。
大鳥居を見ながら、桟橋へ。

霧雨に煙る山々の麓に厳島神社は建っている。
神々しい島に、平清盛が作り上げた神殿。
海に浮かぶ大鳥居は幻想の時間の始まりを告げる。



a0056219_9151116.jpg







大杓子

a0056219_9152666.jpg












a0056219_915436.jpg










厳島神社  高舞台

a0056219_9155960.jpg














a0056219_9162554.jpg













神の使いでしょうか?
宮島には、鹿が点在しています。



a0056219_916431.jpg






宮島名物料理
あなご飯



本当に美味しかった。
うなぎよりは油はのってないけど、さっぱり香ばしい
美味しいあなご飯。
次の日も、煮あなご弁当食べました。
宮島口の辺りにもお店が結構ありました。
ビタミン豊富、目にいいよ。


see you!


a0056219_10104596.jpg

[PR]
# by wing_swing_window | 2016-06-26 10:52 | 日本 愛すべき我が国

2015 夏・江の島

7月15日 水曜日
江の島へ行ってきました。
父のお墓が鎌倉霊園なので、鎌倉までの高速道路は慣れたもの、また、去年、一昨年と
西湘バイパスを利用しての、墓参り経由熱海の旅行をしたので、江の島はそんなに珍しくもなかったのですが、江の島神社にお参りして、しらすの釜揚げと鰺のたたきの地のものランチ、浜歩き、海の家でのかき氷練乳がけは、さすがに久しぶりでした。

ここはどこ?
時間を忘れるくらいにリラックスしました。

江の島は昔から知っている日本のリゾート地。
昭和感が、今となっては、すこぶる愛おしい。
海は、台風接近の為に少し荒れていて、
波しぶきが風に乗って、肌をかすめていくのが心地良さに
変わって、いつまでも眺めていたくなった私たちです。
私たちとは、6歳年下のホワイ時代の後輩と私の二人のことです。
彼女が21歳だったころからの付き合いですから、
30年以上の遊び友達ってとこでしょうか?





a0056219_10163789.jpg




a0056219_10171760.jpg





a0056219_10175573.jpg






a0056219_10182343.jpg

[PR]
# by wing_swing_window | 2015-07-17 10:18 | 大地・陽光

ベア・ベア

a0056219_1435341.jpg











a0056219_14381775.jpg











a0056219_14383877.jpg

[PR]
# by wing_swing_window | 2015-07-06 14:35 | 道程-懐かしの彼方

ゆかたの季節なのに、あれ?

a0056219_14271950.jpg

[PR]
# by wing_swing_window | 2015-07-06 14:25 | 花ごよみ・色ごよみ

母は米寿―長き人生ー

a0056219_18492891.jpg


母が88歳になりました。昭和2年生まれの母は、第二次世界大戦の経験者です。
終戦後、箱根の「芝商店」というアンティークのお店で働いていて、その店が富士やホテルに
出店していたので、多くの政府関連の要人を見たそうです。
マッカーサー御夫婦・バルガス大使?知らない名前が多く、かろううじてマッカーサーはわかったのですが。奥様は地味な方だったと、普通に感想を話していたけれど、結構珍しい話なのでは。




a0056219_18515524.jpg


母は、九人兄弟でした。
多い、子だくさん。
今の時代ではなかなかお目見えしない家族構成です。
また、福島の大字という地で、貧しさの中で、それなりの苦労があったそうです。
この写真は、母の幼い写真で唯一のものです。
何番目かのお兄さんがブラジルへ移民として行くことになった時の写真だそうです。
人減らしのためだそうですが、今では考えられない暮らしだったそうです。
今は、東京の一等地に土地を持ち、優雅に暮らしているんだから、人の人生は、わからないものです。マア贅沢と言えば本マグロの刺身を週三日食べてることぐらいですが。
私は滅多に買わないのですが、買えないのか?かな?
やっぱり贅沢品だわ。
母と食事をする事が増えたので、私の刺身に対する舌が肥え、美味しいマグロがわかってきてしまい、外食の際に、違いがわかる自分にびっくりしてしまった位です。
私は、小学2年の時、沢庵でごはんを7杯食べた時が、最高の大食い記録なんですが、イクラやうにや数の子、鮑もあまり好きではなく、マグロの刺身も当然ながらさほど興味がなかったのですから、
何が贅沢か、贅沢じゃないかは、人の味覚次第なのでしょうね。




a0056219_1852975.jpg


父と母が初めて会ったのは、母が14歳で、東京へ出て来てまもなくの頃だったそうです。
その頃は、もちろん戦争が始まった時期で、母も子供の上に、働いていても生きるのが大変だったそうです。
戦後3年位して結婚してから61年、父が他界するまでの時間を、仕事に子育てに忙しくしていたような事を母は言っていますが、二人で旅行へ国内・国外問わずよく行っていましたし、ボーリング・テニス・フラダンスと、かなり運動もしていました。
書道の師範の資格もあり、生徒さんも何人かいましたから、いろんな時間を過ごしてきたと思います。
夫婦として、父と母は充実したパートナーライフを生きてきたと思います。
[PR]
# by wing_swing_window | 2015-02-08 18:05 | 道程-懐かしの彼方

豊洲のららぽーとのテラスから見た空は、少し秋めいてる気がする。


a0056219_18203642.jpg









季節は巡り、熱く激しい豪雨をもたらした夏も、必ず秋に日本を色変えする。
この夏もそうだが、年々、夏の風情が恐ろしい景観へと変わり、悲しい情報が
newsの筆頭になる。

広島の土石流、地盤の事を言ってるけれど、開発されれば人は住み生活する。
皆、こんな事になるなんて思ってない。
想定外なんて、だれも想定しないと思う。
こんなに雨が降るなんて。山が崩れるなんて。

亡くなった方々のご冥福と、被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。

日本の気候や取り囲む自然の変化を、心して、肝に命じ、何かを課していかなければならなくなるかもしれない。

いつ、何が起こるか、確かに、わからないのだから。



月は、見てる。今日も。
東京有明の施設からの夜空。

a0056219_18313671.jpg

[PR]
# by wing_swing_window | 2014-08-22 18:20 | 美しくあるべき街

誕生日

本日は、私の誕生日。
年齢は良いとして、よくぞここまで生きてきたもんだ。
速くはないが、年齢を重ねるたびに、得たものの大きさと、失ったものの大きさを、実感する。
父が亡くなり、真の寂しさを知った。
当然の事だが、父は生まれた時から私を見てきて、守り、慈しんでくれた唯一無二の存在で、大好きで楽しい、生きる理由を示してくれた人だ。
心の中に、常に生きている。でも、会いたいよ。

友人も亡くなった。
大切な人達だった。早すぎた死。逝くのが早いよ、みんな。あの頃の話、したかった。
人の生には、終わりはある。誰にでも。
生きる事とは死への道しるべか?

しかし、いろいろあったな。
人生いろいろとは、よく言ったもんだね。

変わらず、デザインしてる。
今日から展示会の案内状のテーマとレイアウトデザインの仕事。

デザインの仕事は、私の収入源だ。
好きな仕事、選んだ仕事で、報酬をもらい、生きていけるのは、幸せだと思ってる。
自信もある。何を依頼されても、デザインできる。
勉強するから。学び、知り、理解し、デザインする。
湧いてくる感性は、掘らなきゃ湧かないし、育つ感性には、水が必要だもの。
何事も、努力かもね。
言いつくされた言葉かもしれないけれど、好きな事の努力は楽しいからね。
努力は面白くなっていく。
面白くなってきたらめっけもん。
[PR]
# by wing_swing_window | 2014-06-10 08:26 | 道程-懐かしの彼方