京都  高台寺

京都は何度訪れても新しい。
使い古されたものなどひとつもない。
街並みの姿も、行き交う人も、何か新しい一歩を選んで歩いている。
いつの頃からか私は、この街が、いや、この都が好きになった。
西陣と十年以上仕事を続けられたのも、
この都と同化していくことを受け止めたからなのかもしれない。

ひとりで来るにも
愛しい人と来るにも
気の置けない友と来るにも
この都は、大きな懐で迎えてくれる。
a0056219_1652195.jpg

魂の飛来。
竹の中から、その節の数だけ時の力強さが天へとむかう。

a0056219_16521917.jpg


違う現世が存在し、覗き見える。高台寺の夜の誘い。
a0056219_16523055.jpg

[PR]
by wing_swing_window | 2010-04-03 16:52 | 日本 愛すべき我が国


<< Christmas illum... 南の島  牛車に揺られて >>