さくらのそら

見上げればさくら。
空の青と花色が目に可愛いらしく映る。
春は、木々に咲く花色に心が躍り、切なくよぎるはかない記憶は、この季節に、何故か呼び起こされる。
散ることを知りながら
咲くことを恐れない。
いずれ、散るにせよ、今は、おおきな花を開かせよう。
そうして生きていこう。
a0056219_20255792.jpg

散るさくら
残るさくらも
散るさくら

いずれ散る花びらのように、人の命も尽きる。
今、若くても、元気でも
人は皆、尽きる時を迎える。
だからこそ、この時が愛しいのだよ。
a0056219_20261431.jpg
a0056219_20263725.jpg
a0056219_20265564.jpg

また、来年、この空で会おう。そして、この季節に感謝しよう。
a0056219_20275961.jpg

a0056219_20282658.jpg

[PR]
by wing_swing_window | 2010-04-08 20:27 | 美しくあるべき街


<< SAKURA どこをみつめ生きていく。澄んだ... >>